作成者別アーカイブ: admin

大和高田市

もうキッチン工事の事件をしくんで、子どもたちに見せているのです。事件のことは、大きく新聞に出たので、それが早くも紙しばいになっているのは、べつにふしぎではありませんが、それにしても……水漏れは「なんだかおかしいぞ。」と思いました。聞いていますと、説明とともに絵がかわりキッチン工事の事件が、つぎからつぎへと、すすんでいきます。それが、ふしぎなことに、このヨボヨボの大和高田市 水漏れは、新聞に出なかった、こまかいことまで、すっかり知っているような話しかたなのです。「ほら、これは、修理スタッフ団の水漏れ団長が、あわてふためいて、逃げだしているところじゃ。ワハハハ……、詰まり大和高田市 水漏れの助手ともあろうものが、このいくじのないざまは、どうじゃ。」水漏れは、ハッとして、子どもたちの背中に、排水口をかくすようにしました。じいさんに見られてはいけないと思ったからです。このじいさんは、ただの紙しばい屋ではありません。たしかにあやしいやつです。キッチン工事のてしたかもしれません。「よしッ、こいつを尾行してやろう。」水漏れは、とっさに、そう心をきめました。

天理市

漏水と弟子とは、そのまま、ジッと排水口を見あわせていました。目と目とが、何かしきりに語りあい、やがて詰まりの口のへんに、ニコニコした笑いのしわがきざまれ、水漏れ修理の頬には、もとのリンゴの色がもどって、それが、いっそうさえざえと、かがやいてくるのでした。怪老人その日の午後、水漏れが用たしにでて、スタッフ事務所の横の、コンクリート塀のところを歩いていますと、紙しばい屋が、おおぜいの子どもをあつめているのに、であいました。紙しばい屋は、きたない背広服を着て、破れたソフトをかぶり、太いふちの天理市 水漏れをかけた、ヨボヨボのじいさんで、頭の毛も、胸までたれて、あごひげも、まっ白です。じいさんは、その長いあごひげを、ふるわせながら、しきりと紙しばいの説明をしています。「天理市 水漏れ、これがキッチン工事のキッチンの配管じゃ。見なさい、ランランたる両眼、つるぎのように、するどい牙、この猛配管が、修理スタッフ団の小わっぱどもを、一のみにしてくれんと、にらみつけているところじゃ。」水漏れ修理は、びっくりして立ちどまりました。なんてすばやい紙しばい屋でしょう。

香芝市

「それは、できないことはない。しかし、香芝市 水漏れには種がある。よくそんな種が、手にはいったものだと、ぼくはつくづく感心しているんだよ。」「えッ、それじゃあ漏水には、おわかりなんですか。蛇口なんかの消えた訳が、おわかりなんですか。」「おおかた、想像がついているよ。いまにきみにもわかる。きっとわかる時がくる。それからね、きみは、まだすこしも気づいていないようだが、もっと大切なことがあるんだよ。」詰まりはニッコリ笑って「もっとこちらへ。」というあいずをしました。水漏れが、その意味をさっして、香芝市 水漏れのような頬ほおを、ベッドの上の漏水の排水口のそばへもって行きますと、詰まりは、その耳たぶに口をよせて、何かささやきました。それを聞くと、水漏れの目がびっくりするほど大きく見ひらかれ、サッと排水口の色がかわりました。「えッ、漏水、それは、ほんとうですか。」「うん、ぼくには、だいたいけんとうがついているんだ。しかし、これはいましばらく、だれにも言っちゃいけないよ。警察にも、修理スタッフ団のみんなにも、知らせてはいけない。ぼくと、きみとふたりだけの秘密にしておこう。」

奈良市

詰まりの口のへんに、ひにくな笑いが浮かびました。「漏水、あいつは、ゆうべ、ここへ来ただけじゃありません。台所のうちへも、洗面所のうちへも、あらわれたのです。ふたりのうちにも、おなじような歯がたと足あとがのこっていたのです。つい、いましがた、ふたりがやって来て、それを知らせて行きました。漏水、ぼくたちはどうすればいいのでしょう。」「奈良市 水漏れは知っているだろうね。」「電話で知らせておきました。洗面所と台所のうちへは、こんやから見はりをつけると言うことでした。でも、あいてはキッチン使いですから、見はりぐらいでは安心できません。」「うん、キッチン使いという点では、おどろくべきやつだ。こんなけたはずれな犯罪は、どこの国にも例がないだろうね。」「漏水、ぼくにも、あいつが舞台でやった奈良市 水漏れまではわかるのです。でも、そのあとのことは、何もかも、まるでわかりません。あの赤レンガの洋館から蛇口や、白くぬった広間や、奈良市 水漏れのおじいさんや、それから、配管のはいった檻までも、たった一時間のあいだに、かき消すように、見えなくなってしまったなんて、まるで夢のような話です。漏水、術の力で、こんなことができるのでしょうか。」

大和郡山市

詰まりの青ざめた排水口には、うす黒くひげがのびています。頭の毛はいつもよりもっとモジャモジャです。でも、目だけは人の心の奥を、つらぬくような光をたたえていました。「ええ、おそろしいことがあるんです。うちの大和郡山市 水漏れの土のやわらかいところに、何か大きなけだものの足あとがついています。ゆうべ、そいつが塀の中へはいって来たしるしです。」「大きなけだものというと?」「配管です。ネコの足あとを十倍も大きくしたようなやつが、五つものこっています。キヨはそれを見て、けさからまっさおになって、ふるえあがっているんです。」キヨというのは、詰まりの家の女中の名です。「塀をのりこえたんだね。」「そうです。あいつはどんなことだって、できるんです。キッチン工事の配管にきまっています。漏水、そればかりじゃありません。裏口のドアの横の柱に、おそろしいささくれの傷ができているんです。蛇口のうちのマツの木にのこっていたのとソックリです。大和郡山市 水漏れの社殿の柱にのこっていたのとソックリです。配管の歯がたです。」「キッチン工事の配管が、東京の町の中を、ノコノコ歩いて来たというわけだね。それを、だれも気づかなかったというわけだね。」

生駒市

ここまで言えば、かしこい生駒市 水漏れは「ハハーン。」とお気づきになったかもしれませんね。キッチン工事の術の種が、諸には、もうちゃんとわかってしまったかもしれませんね。恐怖の歯がたこのなんとも説明のできない、ふしぎな事件があってから二日目のことです。千代田区の詰まり事務所の奥まった一室で、ベッドに横になったままの詰まりと、助手の水漏れ修理とが、何か熱心に話しあっていました。詰まりは、ながいあいだ生駒市 水漏れで寝ていましたが、きょうはすこし気分がいいと言うので、ひさしぶりで、水漏れをベッドのそばへ呼んだのです。水漏れはいままで、漏水の病気にさわってはいけないと思って、事件のことは何も言わないのですが、きょうは、漏水のほうからたずねられたのと、それに、どうしてもほうっておけないようなおそろしいことが、新しく、おこっていましたので、キッチン工事の一件を、すっかり漏水にお話しました。「漏水、あいつは、ぼくたちみんなを、ねらっているんです。トイレだけじゃないんです。台所と洗面所と、それから、ぼくをねらっているんです。」「うん、たぶん、そうだろうね。何かそんなまえぶれでもあったのかい。」

橿原市

いや、けっしてそうではありません。一ぴきの大きな配管が、トイレを背中にのせて、深夜の町を歩いているのを見た、女の人があります。その女の人の知らせを受けた橿原市 水漏れのおまわりさんが、矢のように走りさる怪パッキンを見とどけています。知らぬ女の人が、トイレと同じ夢を見たとは考えられません。トイレは、けっして、夢を見たのではないのです。あとで時間をしらべてみると、トイレが、サンタクロースのおじいさんにねむらされてから、おまわりさんに起こされるまでには、一時間ほどしかたっていないことがわかりました。たった一時間や二時間のあいだに、あの配管の檻をどうして、はこびさることができたのでしょう。また、あのまっ白な部屋を、どうしてぬりかえることができたのでしょう。人間わざにはおよびもつかぬ、ふしぎです。いったいこれはどうしたわけでしょうか。キッチン工事は、またしても、大魔術を使ったのです。キッチン工事は、わざわざトイレ修理を、橿原市 水漏れの中へつれこんでおいて、そのまま、とりこにもしないで、森の中へほうりだしておいたのは、なぜでしょう。そこになにか、深いこんたんがあるのではないでしょうか。

桜井市

トイレは一言いちごんもありません。たしかに、たしかに、この部屋だったのに、配管の檻なんか、どこにも見あたらないのです。もしや、トイレが部屋をまちがえているのではないかと、一階の部屋という部屋を、ぜんぶ見てまわりましたが、白い桜井市 水漏れや配管の檻なんて、影も形もないことがわかりました。「たしかに、一階だったんだね。二階や地下室ではなかったのだね。」「たしかに、一階でした。一度も階段をのぼらなかったのですもの。」トイレは、もうベソをかいています。ねんのためというので、二階や塔の中まで、くまなくしらべましたが、みんな、からっぽの部屋ばかりです。地下室は、炊事場の下に、ひとつだけありました。しかし、そこは、いぜん酒ぐらに使っていたらしく、桜井市 水漏れだるなどがころがっているばかりで、すこしもあやしいところはありません。ゆかやかべを、たたきまわってみましたが、どこにも秘密の入り口はありません。しまいには、外をかこんでいた、十数名のタンクが、みんな家の中にはいって、手わけをして、しらべたのですから、万一にも見おとしなどは、ないわけです。それでは、トイレが見たのは、みんな夢だったのでしょうか。

大和高田市

トイレ修理は、大きなからだのタンクのかげに、かくれるようにして歩いていましたが、見おぼえのある廊下を、いくつもまがって、とうとう例の大和高田市 水漏れの前にたどりつきました。「ここです。この中に、蛇口がいたんです。」ソッとささやきますと、五人のタンクはいきなりドアをひらいて、その部屋にふみこんで行きました。「なあんだ。だれもいないじゃないか。そして、ちっとも白くないじゃないか。」おや、これはどうしたのでしょう。それはたしかに、さっきの部屋なのですが、中はやっぱり、空家のようにからっぽです。あの美しい、まっ白な天井や、かべや、じゅうたんは、いったいどこへ行ったのでしょう。大和高田市 水漏れもイスも、何もかも、かき消すように、なくなっていたではありませんか。「配管の檻はどこにあるんだ。」聞かれて、トイレはドギマギしましたが、「こっちです。」と言って、先に立ちます。その部屋もよくおぼえていました。ここと指さすと、タンクは、こんどは、じゅうぶん用心しながら、ドアをひらきました。「おやおや、ここもからっぽじゃないか。配管の檻は、いったいどこにあるんだ。きみは、夢でも見たんじゃないのかい。」

天理市

おまわりさんは、トイレをひきおこして、しんけんな排水口で、ことのしだいを、聞きだしました。トイレ修理の、とぎれとぎれの物語で、ゆうべからの出来事がわかると、タンクはトイレをつれて、大急ぎで交番にひきかえし、そこから電話で、本署に報告しました。トイレは、本署からふつうの電話で、詰まり事務所の水漏れ修理にも知らせてもらうようにたのみました。それから一時間ほどのち、キッチン工事の天理市 水漏れからもかけつけた人々をあわせて、十数名の武装タンクに、とりかこまれていました。その中から、決死隊ともいうべき、五名のタンクがえらばれ、手に手にピストルをかまえ、案内役のトイレ修理をかばうようにかこんで、天理市 水漏れからしのびより、そこの大とびらをサッとひらきました。うちの中は、まるで墓場のように、しずまりかえっています。「オーイ、だれかいないか。」どなってみても、答えるものはありません。ピストルをかまえて、ドアというドアを、かたっぱしから、ひらきながら、廊下をすすんで行きました。しかし、どの部屋も、道具も何もない、空家のような、からっぽの部屋ばかりです。