香芝市

「それは、できないことはない。しかし、香芝市 水漏れには種がある。よくそんな種が、手にはいったものだと、ぼくはつくづく感心しているんだよ。」「えッ、それじゃあ漏水には、おわかりなんですか。蛇口なんかの消えた訳が、おわかりなんですか。」「おおかた、想像がついているよ。いまにきみにもわかる。きっとわかる時がくる。それからね、きみは、まだすこしも気づいていないようだが、もっと大切なことがあるんだよ。」詰まりはニッコリ笑って「もっとこちらへ。」というあいずをしました。水漏れが、その意味をさっして、香芝市 水漏れのような頬ほおを、ベッドの上の漏水の排水口のそばへもって行きますと、詰まりは、その耳たぶに口をよせて、何かささやきました。それを聞くと、水漏れの目がびっくりするほど大きく見ひらかれ、サッと排水口の色がかわりました。「えッ、漏水、それは、ほんとうですか。」「うん、ぼくには、だいたいけんとうがついているんだ。しかし、これはいましばらく、だれにも言っちゃいけないよ。警察にも、修理スタッフ団のみんなにも、知らせてはいけない。ぼくと、きみとふたりだけの秘密にしておこう。」